ペットの保険と保障 安心のペット保険「PRISM」とリフォーム、マンション管理等の不動産事業
株式会社CPC TEL.03-6661-0315 FAX.03-6661-0353
ホームへもどる ペット保険 不動産事業について 会社概要 お問い合わせ

よくあるご質問
 ペット保険に関するよくある質問とその回答をご案内いたします。

目次

  • 保障開始はいつからですか?
  • 健康診断は必要ですか?
  • 割引制度はありますか?
  • 保険期間の中途で、オレンジプランからグリーンプランへ変更できますか。
  • 保険期間の中途で、保険料の払込方法を変更できますか?
  • 犬については年払いで、猫については月払いで保険料を払い込みたいのですが、多頭割引が適用されますか?
  • 犬と共にフェレットも加入したいのですが、多頭割引が適用されますか?
  • 2年一括払い契約で、保険期間中にペットが死亡した場合、保険料の返戻はどうなるのですか?
  • 保険金が支払われないのは、どのような時ですか?

  • 質問と回答

    Q. 保障開始はいつからですか?
    A. お申し込みに必要な書類(内容が完備した書類)すべてが、日本アニマル倶楽部に届いた日から起算して16日目の0時より保障開始となります。
    ガンには待機期間が45日ございます。
    ガン以外の疾病やケガには待機期間はありません。

    Q. 健康診断は必要ですか?
    A. 新規にご契約の場合、下記年齢未満の場合はご不要です。
    また、下記年齢以上の犬・猫は告知書でのご回答と健康診断(血液検査のみで結構です)が必要となります。
    (1)小型犬 9歳 (2)中型犬 9歳 (3)大型犬 6歳 (4)猫 9歳
    健康診断の費用は、お客さまの自己負担となります。

    Q. 割引制度はありますか?
    A. はい、あります。
    多頭割引2〜3頭で3%引き・4頭以上で5%引きです。また、福祉割引5%引きもございます。
    年払いは月払い契約に比べて約1ヶ月分お得になっております。
    2年一括払いは月払い契約に比べて約3.6ヵ月分お得になっております。
    ※2年分の保険料を比較した場合
    (詳しくは こちら をご覧ください)

    Q. 保険期間の中途で、オレンジプランからグリーンプランへ変更できますか。
    A. ご契約いただきましたプランの変更につきましては、満期更新の際に承ります。(保険期間の中途でのプラン変更は、お取り扱い致しておりません)。
    なお、満期更新の際に、お客様がプランのグレードアップをご希望される場合は、ペットの健康状態等の審査がございます。審査の結果によりましては、ご希望にそえない場合もございますので、あらかじめ、ご了承をお願いいたします。

    Q. 保険期間の中途で、保険料の払込方法を変更できますか?
    A. 保険料の払込方法の変更(例えば、月払いから年払いへの変更等)につきましては、満期更新の際に承ります。(保険期間の中途での保険料の払込方法の変更は、お取り扱い致しておりません。)

    Q. 犬については年払いで、猫については月払いで保険料を払い込みたいのですが、多頭割引が適用されますか?
    A. 多頭割引の適用のためには、払込方法を、年払いまたは月払いのいずれかに統一して頂くことが必要になります。

    Q. 犬と共にフェレットも加入したいのですが、多頭割引が適用されますか?
    A. 多頭割引は、犬または猫のご契約に適用され、小動物、鳥類、爬虫類のご契約は、多頭割引の対象にはなりません。

    Q. 2年一括払い契約で、保険期間中にペットが死亡した場合、保険料の返戻はどうなるのですか?
    A. ペットが死亡した時期により、次のように保険料返戻の有無が変わります。
    ペットが第1保険年度に死亡した場合
    (保険金をお支払いした場合)
    第2年度の保険料に充当される額を返戻いたします。
    ペットが第2保険年度に死亡した場合
    (保険金をお支払いした場合)
    保険料の返戻はございません。

    Q. 保険金が支払われないのは、どのような時ですか?
    A. この保険では、以下の場合、保険金をお支払いすることができません。なお、主なものを記載していますので、詳細は、普通保険約款でご確認ください。
    <保険金がお支払できない主な場合>
    1.責任開始日(保障開始日)より前に被った障害
    2.海外で被った障害
    3.保険契約者、被保険者等の故意・重過失
    4.狂犬病および狂犬病に起因する場合
    5.責任開始日から遡り過去13ヶ月以内に予防接種ワクチンの接種を受けていないことに起因して障害が発生した場合(犬、猫、フェレットの場合)。
    6.先天性の障害またはこれらに起因する場合
    7.先天性または後天性にかかわらず次に記載する障害
    鼠径ヘルニア、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全症、レッグペルテス、てんかん、停留睾丸、チェリーアイ、気管虚脱、猫免疫不全ウィルス感染症
    8.ノミ、ダニに起因するアレルギー
    9.フィラリア感染症およびフィラリア感染症に起因する場合
    10.競技等に参加またはそれらの訓練に起因する場合
    11.繁殖行為に起因する場合
    12.地震、噴火、津波、台風、洪水に起因する場合
    13.妊娠、出産、早産、流産、帝王切開の症例処置または予防措置費用
    14.歯科医療措置
    15.ノミ、ダニの予防措置費用
    16.健康体に施す予防措置費用
    17.健康体に実施する健康診断・検査費用。(体調不良等の症状があり、診断名を特定するための検査費用はお支払いいたします。)
    18.フード(療法食、健康食品、サプリメントを含みます)の購入費
    19.シャンプー、トリミング用品等の購入費
    20.東洋医学(漢方、鍼灸等)、インド医学、免疫療法、温泉療法等の代替医療または減感作療法の費用 など


    Cell Partners Corporation ©2008 All Rights Reserved.